ナットウキナーゼ 効果

ナットウキナーゼなら予防できる「血栓」ができるまで

血栓というのは血管の中にできてしまう血の塊のことをいいます。
血栓ができてしまうとその先の血管に血液が流れなかったり、流れても流れにくくなってしまったりします。
この血栓が心筋の近くの血管にできてしまうと心筋梗塞になりますし、脳の近くの血管にできてしまうと脳梗塞になってしまったりします。

 

そもそも血管内ではご存じのとおり血液がたくさん流れていきますが、血液がドロドロだったり、異物が入っていたり、血圧が高すぎたりすると血管が傷つき出血してしまうことがあります。
このような時には血液の中の血小板という成分が傷ついた箇所に集まり、止血をします。
しかし、それだけだと完璧ではないために、フィブリンという繊維のようなものがさらに傷ついた箇所を保護して完全に止血をします。これが血栓なのです。
このフィブリンを元にして、血管内の細胞が増えて血管の破れた箇所を完全に治します。
そうしてやぶれたところは元に戻るのですが、ここに血栓があるままですと血管内がせまくなり、血液の流れが悪くなります。

 

そこで血栓を溶かす作用が働きます。
この溶かすもののことをプラスミンといいます。
しかし、生活習慣などでこのプラスミンという作用が働くなることがあります。
そうなると体の中に血栓ができたままになります。

コレステロールと動脈硬化

コレステロールは私たちが生きていくうえでなくてはならないものですが、過剰になるとさまざまな病気を引き起こす原因となります。
中でも深刻なのが動脈硬化です。

 

動脈硬化とは、血管内の血流が滞る状態のことです。
加齢とともに、血管の弾力が失われ硬くなり、血管壁にはさまざまな物質が溜まって細くなり、血液の流れが悪くなってしまいます。
これは老化現象の一つでもありますので、避けられない点ではありますが、加齢以外にも動脈硬化を早める要因があります。
それは生活習慣の乱れによるものです。
特に食性活の乱れによる脂質異常症は、動脈硬化を加速させてしまいます。

 

脂質異常症になると、LDLが運ぶコレステロールの数が多くなったり、コレステロールの回収役であるHDLの数が不足してしまい、コレステロールが血液中に残ったままの状態になってしまいます。
回収されなかったコレステロールが血管壁にたまり、血管の内側が狭くなって、血流悪化を招いて動脈硬化を引き起こしてしまうのです。